Silの主にラノベな本記録

しばらくの間休止させていたただきます。 その代わりと言っては何ですが読書メーターを始めました。是非見てみてください!

祝!ワールドトリガー連載再開&人気の秘訣

 

葦原大介先生より描き下ろしイラスト&コメント (C)葦原大介集英社

 葦原先生、ワールドトリガー連載再開ありがとうございます!!

初めましての人は初めまして、SiL(シル)です。

いつもはほとんどラノベですがワールドトリガーは特別枠ですね~

単行本派の私としては19巻発売の12月4日を待ち続けていこうと思います。まだ読んでいない人は、合計100話無料キャンペーンが少年ジャンププラスでやるみたいなんで、是非読んでみてください。

ここからはワールドトリガーの魅力について語っていきます!(ネタバレ少し含む)

1 あらすじ

ある日近界民(ネイバー)という怪物が突如あらわれ三門市を襲う。地球の技術では近界民(ネイバー)には歯が立たなかったところ、ボーダーという機関が近界民(ネイバー)の技術を解析し、武器にして対抗した。未知の敵への対応策として相手の技術(トリガー)を盗んだ言えます。その日以降近界民(ネイバー)への対策がない民間人はボーダーという機関に守られて生きていくことになります。

ãã¯ã¼ã«ãããªã¬ã¼ããã¼ãã¼æ¬é¨ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

2 設定(トリオン体)

相手の技術を利用した結果、生身ではなく仮想の体で戦うことができます。これにより頭を切られたとしても、戦闘不能にはなるが生身は無傷で死なない。死なないのなら緊張感がないと感じる方もいるかもしれないが、実際に死なないため多彩な戦略が増える・いつ誰がどこで殺されてもおかしくないため緊張感があるなどプラスの面の方が大きい!

 

ãã¯ã¼ã«ãããªã¬ã¼ãããªãªã³ä½ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

3 設定(キャラクター)

1人1人個性があり、考えがあり、嫌なキャラがいないです!(超個人的) 設定がかなり細かく公式のデータブックでは130名を超えるデータが載せられており、アマゾンでは96%もの人が最高評価しているぐらい良い設定です。

f:id:sil-ranobe:20181015113921p:plain

4 主人公 三雲修

ワールドトリガーでは主人公は4人ということになっているんですが、1番の主人公と言えば三雲修です。

見た目から分かる通りかなり弱いです笑 ジャンプ系では弱い主人公がだんだん成長していくというものをよく見ますが、それ系です。ですが他の作品と比べるとかなりシビアで、練習し成長した思っても実践ではあんまり……みたいなことがよくあります。リアリティが重視されており、主人公が無理矢理強敵と戦うような作品ではなく、弱いままでいかに敵を倒すかという所が良いです!

5 集団戦

1対1ではどうしようもなくても数の利を活かすのは当然のことですが、これが他の作品で実践されてるのは少ないような気がします。集団戦では囮やスナイパーの斜線など気にすることが多くなり、その分戦闘描写が面白くなっています。

ãã¯ã¼ã«ãããªã¬ã¼ãéå£æ¦ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

6 名言

ワールドトリガーでは数々の名言が生み出されています。そのなかでも私の好きな名言を1つ紹介したいと思います。

場面はソロランク戦1位の太刀川さんとオペレーターの三上さんが模擬試合の解説をしている場面です。

 「今日の那須隊の戦いにはいつもよりさらに気持ちがこもっているように感じます! 太刀川さんはどうみますか?」

「う~ん、三上には悪いけど気持ちの強さは関係ないでしょ 勝負を決めるのは戦力・戦術あとは運だ」

「そうですか……? 気持ちが人を強くすることもあると思いますけど……」

「そりゃ多少はな けどそれだけで戦力差がひっくり返ったりはしない 気合でどうこうなるのは実力が相当近いときだけだ もし気持ちの強さで勝ち負けが左右されるってんなら 俺が1位になれるはずがない」

 と、気合さえあれば勝てるということを否定していますが模擬試合が終わった後には

「最後まで粘った良い勝負だったな 勘違いするなよ 俺は気合の乗ったアツい勝負は大好物だ けど気持ちの強さで勝負が決まるって言っちまったら じゃあ負けた方の気持ちはショボかったのかって話になるだろ」 

 アツいですね~

f:id:sil-ranobe:20181015123516p:plain

7 サイドエフェクト(副作用)

高いトリオン能力を持つものに発生する超感覚。炎を出したり飛んだりなど超常的なことはできず、人間の感覚の延長上。強化聴覚や嘘を見抜くなどがある。なかでもワールドトリガーで重要になってくるのは、迅の持つ末来視のサイドエフェクト。目の前の人間の少し先の未来が見える。こういうような能力は扱いが難しいが、ワールドトリガーでは上手く使ってストーリーが進められている。

f:id:sil-ranobe:20181015124511p:plain 

8 ボーダーという機関

ボーダーは国が経営しているのではなく民間企業で、戦闘だけではなくボーダーが近界民(ネイバー)にどう対処すればいいのか・民間人にはどう説明すれば良いのかなど政治的なことも描かれていて、ご都合主義を見事に説明しています。

 

今回はここまで~ 次はワールドトリガー19巻でお会いしましょう!

【社畜ラノベ】どうでもいい 世界なんて 1 【感想】★★★★

渡航先生が書いているということだけで買ってみました笑 俺ガイルまだですかね~ 

 

星評価4 【★★★★】

この作品は作家3人が1つの世界観(クオリディア・コード)を共有して作られている作品群の1つの千葉編。時代は正体不明の敵によって世界が崩壊した近未来! 

作家3人というのは、「変態王子と笑わない猫」や最近連載中の「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」の作者のさがら総さん。 「デート・ア・ライブ」で有名な橘公司さん。最後に今回紹介作品の作者であり、個人的に最も好きなラノベやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の渡航先生。 全員何かしら有名なラノベ作品がある豪華な3人となっています!

表紙的に戦闘系なのかと思っていましたが、9割社畜の話でした笑 俺ガイルが嫌いな人は確実に嫌いでしょう。 俺ガイルが好きな人にとっては、俺ガイルを超えるような作品にはならないでしょう(注 個人的な考えです)

主人公は戦闘するわけではなく、生産科で営業や雑務をやっている感じですね。”人類の敵は仕事”とか言ってました笑 八幡が仕事をしながら文句言ってる感じですね~ 笑えて面白かったので渡航先生流石としか言いようがありません。

マイナス要素としては個人的に挿絵があんまりでした…… ぽんかん8神様の素晴らしさが再認識できました。

世界が滅亡したというのにマッ缶がでてきましたね~ いつか千葉に行って飲んでみたいものです。 次は2巻で~  いつかマッ缶が飲めることを祈りつつ。

ããã缶ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

【青ブタ9巻】青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない 【感想】★★★★+

青ブタシリーズの第9巻となる「青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない」の感想となります。ネタバレ有りになります。では、あらすじから

 三月に入って、三学期も残り1ヶ月。いよいよ迎えた麻衣の卒業式当日。
「おじさん、だぁれ」
七里ヶ浜の海岸で麻衣を待っていた咲太の目の前に、子役時代の麻衣にそっくりな小学生が現れて!?
一方、花楓の一件以来、別々に暮らしていた咲太の父親から電話が……。
「母さんのことなんだが、花楓に会いたいと言っててな」
それは、花楓に起きた出来事を受け止めきれず、長いこと入院していた母親から届いた「会いたい」という願い……。
家族の絆、新たなる思春期症候群の前触れ――急展開をみせるシリーズ第9弾!

星評価 4+ 【★★★★+】

 ランドセルガールというよりは咲太と母親の親子のわだかまりがメインな巻。楓に関しては一通り話が終わったかな。それにしても青ブタは安定して毎回面白いですね~ 

2年ぶりに咲太と楓が母親に会い、楓が母親と上手くいき家族としてまたやっていけそうなのに咲太はどこか他人事の様な感じで、不吉な予感がしましたがやはり思春期症候群でしたね…… 咲太はどれほど思春期症候群に好かれているのでしょうか笑  

また、1巻とは逆に麻衣が咲太を助け出すところが良かったですね~ 麻衣は咲太が思っている以上に好きだと言っているように、麻衣の行動からもどんどん伝わってきます!

次の巻も気になるような伏線が多いところも良かったですね。「ランドセルガール」はまだ残っていることから、双葉の言うように別のことに関する思春期症候群なんでしょうね。麻衣さんの小学生の頃というのは間違いないんですが…… 「赤城郁美」は次の巻でメインになるんですかね~ 咲太が行った違う世界線では同じ高校ということで、この世界線と絡んで今後出てきてそうですね。 「霧島透子」に関しては8巻から名前は出てきているもののかなり謎で、他の世界線の咲太の残した”霧島透子をどう思う?”はもっと謎…… もう1つの世界線での霧島透子はどうなっているんでしょうか?

高校3年はかなりすっと終わって次は大学生編! 思春期はどこまで続くんでしょうか。 次の10巻の内容と題名にも期待です! 

 

 

(挿絵が少ないなーと思ってたらイラストの溝口ケージさんがちょっと重めの病気にかかっていたそうです。もっと小学生麻衣さんを描きたかったとのことなので、治して次の巻では今回の巻の分までがんばってほしいですね~)

3期アニメ後から勢のオーバーロード感想【オーバーロード10・11・12・13】

é¢é£ç»å

遅くなりましたが、オーバーロード3期最高でしたね~ 夏アニメで個人的には1番良かったです! なので、オーバーロードを買おうと思ったんですが単行本なので値段と量の関係で大虐殺・アインズ様のエランテル支配後の10巻から読みました。単行本はあまり好きではなく、やはり読みづらかったですがそんなことより面白さが上回りました笑

今回は10巻から最新巻までをネタバレできるだけなしで書いていこうと思います。ちなみに3期で最も好きな回は「エンリ将軍閣下」のゴブリン回です笑 次々に出てくるゴブリンは驚きの連続でした! それでは簡単に10巻から最新巻の感想~

10巻 星評価【★★★★+】

 11巻への繋ぎのような巻で魔導国建設・王国・帝国での話がメイン。特に面白いのは帝国でのジルクニフ! もうジルクニフが可哀そうで同情してしまう笑 これ以上ジルクニフを追い詰めると禿げてしまう笑 

 

11巻 星評価【★★★★+】

ドワーフの国の話。アインズ様のお供としてアウラとシャルティアが同行。シャルティアが前の失態を取り戻すためとにかく頑張る。ドワーフが強すぎるアインズ様に対しての対応が見どころ!

12巻 星評価【★★★★】

賢い賢いデミウルゴスの立てた作戦の実行。それに対してアインズ様は作戦を把握しきれるのか?実行できるのか?笑 物語の中心は聖王国の少し感覚神経が鋭い従者ネイア・バラハ。目が鋭い。怖い。

13巻 星評価【★★★★】

12巻からの続き。従者ネイア・バラハが中心に続きます。プレアデス(メイド悪魔)の1人シズがまあまあ出てきます。プレアデスはもっと出てきてほしいですね~。推しはルプスレギナ!ページ数は550超えでかなり分厚くなっています。

 

オーバーロードを3期後の続きから読んだ感想としては、かなり良かったです! アニメからの人でも十分に楽しめると思います。ネットでは12・13巻の評価が低くなっていますが、ページ数があるにも関わらず話があまり進んでいないからなんですかね~ それとも他の巻と比較してですかね~ 10~13巻しか読んでいない私としてはどの巻もサクサク読めて満足でした! 1~9巻も少しずつ読んでいこうと思います。

結論 アニメ後から読んでも結局みんな1巻から全巻集めることになりそうです笑

【ラノベ】君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主 【感想】★★★+

f:id:sil-ranobe:20181001090845p:plain

「おにぎりスタッパー」や「6番線に春は来る。そして、今日君はいなくなる。」などの人気作品の著者の最新作! まずはあらすじから~

 ふたりvs.全人類。「おにぎりスタッバー」の鬼才による反逆ファンタジー

数百年続いた「帝国」と「王国」の戦争。泥沼の戦いを終わらせたのは、「愛」を説く新たな教えだった。愛は世界を救い、誰もが虐げられることなく、奪われる心配のない、安心して幸せに暮らせる世界が実現した。しかし、その完全なる調和を脅かす【災厄の魔女】アンナ=マリアが現れて――「“善き人”は、全て殺す。わたしは、わたしの世界を取り戻す」 これは、世界最強で無敵で冷酷で残虐でありえないほど綺麗な僕の姉さんと、僕が、たったふたりで世界を敵に回して戦う、向こう見ずな物語だ。

 星評価3+ 【★★★+】

期待していた割には……って感じでしたね。おそらく1巻完結だと思うんですが、やっぱり物足りない感じになってしまいます。 と言っても、現在ー過去の交互の構成は良かったですし、世界観も良かったです! ”善き人”についてはもう少し詳しく見たいなと思いました。

あらすじや帯には2人VS人類。タイトルからすると「ひとりぼっちの救世主」ということで、読む前はどういうことなのかよく分からなかったですが納得の話でした!

あと、「切符」さんの絵はかなり良かったです~ 今回はここまでで~

【悲報】俺ガイル13巻延期! 11月刊行予定に!! 【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。13】

またやってくれました、延期……。

俺ガイルファンの予想通り、13巻が10月から11月に延期となりました。それにつられて11月予定の14巻が未定に……。なりますよね~延期。どうしてですかーーーー!

 

11月刊行予定11月刊は11月20日発売予定

出会ってひと突きで絶頂除霊!4

著:赤城大空 イラスト:魔太郎

友人キャラは大変ですか?6

著:伊達 康 イラスト:紅緒

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(13)

著:渡 航 イラスト:ぽんかん⑧

<ガガガブックス>
最強職《竜騎士》から初級職《運び屋》になったのに、なぜか勇者達から頼られてます3

著:あまうい白一 イラスト:泉 彩

 正直今回、13・14巻が連続刊行ということで14巻が延期しても13巻はもしかしたらでるんじゃないかという希望を持っていた自分が馬鹿でした笑 

と言っても私は「俺ガイル」は終わってほしくはない派の人でして、でも14巻で完結というのは決まっているので、14巻は連続刊行や同時刊行ではなくゆっくりとしてもらって(欲張って短編などもいれてもらって)きっちり終えてほしいですね! 13巻はどうか11月発売で……。

10月発売の個人的注目ラノベ4選!

今回はシリーズもの2つと新作2つの4つを紹介していきたいと思います!

(俺ガイルは予想通り延期ですね笑)

1作品目は新作の「君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主」 10月1日発売(角川スニーカー文庫)。 作者の大澤めぐみさんは、このラノにも選ばれている「おにぎりスタッパー」や「6番線に春は来る。そして、今日君はいなくなる。」などの人気作の作者で、イラストレーターは「のうりん」の切符さんということで期待大です!

 

2作品目は「青ブタ」シリーズの9巻にあたる「青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない」 10月10日発売予定(電撃文庫)。 1巻並みに印象に残るタイトルとなっています笑 あらすじを見る限りは謎キャラの霧島透子はあまり出ない感じですかね。 アニメもラノベも期待しています!

 

 

3作品目は「弱キャラ友崎君6.5」 10月18日発売予定(ガガガ文庫)。 初の短編集となっていて作者曰く、友崎目線以外で見せたい各キャラの心情を考えるときに大切になる出来事を書いてやろうという魂胆の巻だそうです笑 表紙は中学生の日南ということで日南のまだ完璧ではない時代が見れそうですね~

4作品目は唯一の新作「私が大好きな小説家を殺すまで」 10月25日(メディアワークス文庫)。 題名からして良いですね~ 衝撃のラストとあらすじには書いてあって逆に不安になりますが、面白そうです!

 

以上の4冊となります。読み終わり次第感想を挙げていきます。 毎月続けていこうと思うのでこれからもよろしくお願いします~

 

 

(今、オーバーロードの原作をアニメの続きから見ていて、少し時間はかかりますが3期の後から見たオーバーロードの感想をあげる予定です。オーバーロード最高です!興味のある方は是非見ていってください~)