Silの主にラノベな本記録

しばらくの間休止させていたただきます。 その代わりと言っては何ですが読書メーターを始めました。是非見てみてください!

【ラノベ】ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか1~13 【感想】★★★★

f:id:sil-ranobe:20180809110232j:plain

まず最初に全体評価としましては、星4つ 【★★★★】

 

2回目のの投稿となります、Silです。今回はタイトル通り「ダンまち」の感想を書いていきます! とりあえず簡単なあらすじを…


迷宮都市オラリオ──『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。
未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。
人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。
「よし、ベル君、付いてくるんだ! 【ファミリア】入団の儀式をやるぞ! 」
「はいっ! 僕は強くなります! 」
どの【ファミリア】にも門前払いだった冒険者志望の少年と、
構成員ゼロの神様が果たした運命の出会い。

これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

 5巻までアニメ化されており2期や劇場版も決定するなど人気作品のダンまち! ジャンプ漫画のような主人公成長・王道バトルラノベとなっています。格上の相手に対して主人公の持ち味の足を活かしての戦いは激熱です。 

星が4つに下がっている理由としては、仲間と主人公の実力があまりにもどんどん離れていってるところです。完全にお荷物で、もう少し強くしてあげてほしいところ!短いですがここまでで~

 

 

(シル=フレイヤなんでしょうか?フレイヤの娘なんでしょうか?気になりすぎます!良いキャラしてますね)