Silの主にラノベな本記録

しばらくの間休止させていたただきます。 その代わりと言っては何ですが読書メーターを始めました。是非見てみてください!

【ラノベ】彼女のL~噓つきたちの攻防戦~ 【感想】★★★★

 ファミ通文庫から出版の「彼女のL~噓つきの攻防戦~」の感想になります。 タイトルからして面白そうだったのですぐに読もうと思っていたんですが、近くの書店になく仕方なくアマゾンで購入して遅くなってしまいました… では、あらすじから

 嘘がわかる俺 VS.嘘つき少女

遠藤正樹は嘘がわかる特異体質で、川端小百合は決して嘘をつかない少女だった。そして学校のアイドル佐倉成美は、常に嘘をふりまく少女だった。ある日、川端と佐倉の共通の友人が亡くなってしまう。自殺という噂だったが川端は「彼女は殺された」と言い、佐倉も「彼女を追い詰めたのは私」とうそぶく。真相を知りたいと川端に頼まれた正樹は、その力で誰も知らない佐倉の心の内を知ってしまい――。願いと嘘と恋が交錯するトライアングルストーリー。

 星評価4 【★★★★】

 

嘘がわかるが内容までは分からない所や嘘がわかってしまう所が上手く書かれていて良かった! タイトルには噓つきの攻防戦とあるがその要素はあまり感じれなく、青春ミステリー系です。 嘘をつかないヒロインの親友が自殺した事件をめぐって、嘘がわかる主人公がその力を使って真実を見つけ出そうとします。 主人公がヒロインの親友をほとんど知らないので、読者と同じ状態で読みやすくなっています。 

 2巻はないと思うので1巻完結ラノベが見たい方にもおすすめです。 

 今回はここまでで~