Silの主にラノベな本記録

しばらくの間休止させていたただきます。 その代わりと言っては何ですが読書メーターを始めました。是非見てみてください!

【ラノベ】ビブリア古書堂の事件手帖1~7(完) 【感想】★★★★

f:id:sil-ranobe:20180923232626j:plain

また少し間が空いてしまいました、SiLです。

来週はなるべく多めに投稿しよう思っています(予定)

さて、今回の本は「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズです! かなり有名作品でほとんどの人が知っていると思うのですが、古書をめぐる謎解き作品となっています。ラノベなのか一般的な小説なのかどうか、あまり分かっていません笑

シリーズ全部を通しての評価 星4 【★★★★】

読んでみての感想としては上から目線みたいになるんですが、良くできているなと思いました。実際の古書に基づき架空の登場人物との間に関係を持たせていくことは、かなり大変そうでした(実際に作者も古書のネタ探しが大変と言っています笑)  

また、古書をあまり知らない私でも主人公も古書についてあまり詳しくないので理解しやすい内容が良かったです。 ただ、主人公の長時間本が読めない「体質」というのはちょっと無理矢理かな…… 

栞子さんの母の智恵子さんが個人的には謎キャラとして好きだったんですが、もう少し親子の関係を見たかったですね~

今回はここまでで~ 次回はビブリア古書堂の事件手帖~扉子と不思議な客人たち~の感想の予定です。