Silの主にラノベな本記録

しばらくの間休止させていたただきます。 その代わりと言っては何ですが読書メーターを始めました。是非見てみてください!

【ラノベ】ようこそ実力至上主義の教室へ9 【感想】★★★★+

f:id:sil-ranobe:20180910211905p:plain

最高でした!!

はい、よう実9巻の感想になります。よう実はネタバレされると面白さがかなり減るんで、ネタバレが嫌な方は気を付けてください!

今回の表紙はA組の2人ー神室と橋本となっていますね。 

高円寺ではなく8巻で綾小路と同じグループになった橋本です。高円寺が表紙になる巻はかなり期待ですね~ あと個人的に橋本は8巻での感じ的に啓誠みたいな見た目で、見た目から賢そうな感じのキャラだと予想していたんですが、全然違いましたね笑(同じことを思った人はいないですかね~ いないかな- いないよね……)

星評価4+ 【★★★★+】

特別試験などの大きなイベントはなかったものの、今後に重要そうな伏線も多く、綾小路のCクラスもだんだん成長してきているなー(一部を除く)と感じれる1巻でした。最後の章で「すべてのカラクリ」として、綾小路のしたことが明らかになるのは見てて爽快でした!

表紙に橋本が描かれているだけあって橋本は結構出てきましたね。綾小路が相手ということで何もかも上回られていましたが、かなりの切れ者ですね~ 優秀な人なら誰の下でもいいような感じで、綾小路と手下として活躍する時が来るかもしれませんね。 

今回の巻で1番気になったことは伊吹の落とした学生証を見て綾小路が気になる点を見つけている所です。 堀北元生徒会長も知らないようですし、1年もしくは2年からの新しい取り組みみたいですね。綾小路が「ある1点」をみて声に出して「どういうことだ……」と言っているので私が想像もできないことなのは間違いないですね笑 伊吹だけが特別ということもないと思うんですが、生徒証だと学籍番号とかしかないですよね~ やっぱり分からないですね笑

こんなに褒めていてて星5ではない理由としては、引っ張った割には一之瀬の秘密が軽いと思ったことです。悩んでいたのは万引き自体が理由ではなく、その後の家族の反応・犯罪をしたという意識だとは思いますがさすがにね……B組は一之瀬がもっと大きい犯罪をしていても受け入れてくれると思いますけどね~

あと、ちゃんと軽井沢も出てきましたね笑 橋本との会話の時の機転の良さは流石でしたね。 その割には「綾小路が軽井沢のことが好きだ」という噂が流れたときには、「いやいやいやいやいやいやいや」とか言ってパニックなってるギャップが可愛すぎですね笑 反対に堀北は出番がどんどん減っていて、須藤などへの勉強を教えるぐらいになってきちゃってますね~ 私は軽井沢推しです。

次巻の10巻で綾小路VS坂柳で綾小路は黒幕の公表・坂柳は退学を賭け、1年生編は終了します。 おそらく綾小路が勝ちますが坂柳の退学は止めてほしいですね。A組は葛城がリーダーでは厳しいでしょうし、B組も団結力だけで勝てるとは思えないですし、D組はひよりだけでは厳しいですよね。2年は南雲が支配しているんで終わりが見えてきているということですかね~ とは言ってもまだまだ櫛田の退学のさせ方や父親との関係、特別試験などいろいろ気になることも残っているんで期待して待っています。 

長くなりましたが今回はここまでで~

 

追記 生徒証のことを調べていたら伊吹と神室が同じ番号だと分かりました。 すでにかなりの人がすでに気づいていたみたいですが…… 他にも何人かいるみたいで山内が葛城と同じでその関係で坂柳は山内に接触してきているのかもしれません。転ばされた仕返しだけかもしれませんが