Silの主にラノベな本記録

しばらくの間休止させていたただきます。 その代わりと言っては何ですが読書メーターを始めました。是非見てみてください!

【ラノベ】君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主 【感想】★★★+

f:id:sil-ranobe:20181001090845p:plain

「おにぎりスタッパー」や「6番線に春は来る。そして、今日君はいなくなる。」などの人気作品の著者の最新作! まずはあらすじから~

 ふたりvs.全人類。「おにぎりスタッバー」の鬼才による反逆ファンタジー

数百年続いた「帝国」と「王国」の戦争。泥沼の戦いを終わらせたのは、「愛」を説く新たな教えだった。愛は世界を救い、誰もが虐げられることなく、奪われる心配のない、安心して幸せに暮らせる世界が実現した。しかし、その完全なる調和を脅かす【災厄の魔女】アンナ=マリアが現れて――「“善き人”は、全て殺す。わたしは、わたしの世界を取り戻す」 これは、世界最強で無敵で冷酷で残虐でありえないほど綺麗な僕の姉さんと、僕が、たったふたりで世界を敵に回して戦う、向こう見ずな物語だ。

 星評価3+ 【★★★+】

期待していた割には……って感じでしたね。おそらく1巻完結だと思うんですが、やっぱり物足りない感じになってしまいます。 と言っても、現在ー過去の交互の構成は良かったですし、世界観も良かったです! ”善き人”についてはもう少し詳しく見たいなと思いました。

あらすじや帯には2人VS人類。タイトルからすると「ひとりぼっちの救世主」ということで、読む前はどういうことなのかよく分からなかったですが納得の話でした!

あと、「切符」さんの絵はかなり良かったです~ 今回はここまでで~